第2回 ビジョンや市政に反映していただきたい事

今年も早いものです。もう立春もすぎ春を迎える空の気配がしてきました。next30では1月からの一ヶ月で皆様にお伝へしたいことの一つは3月に市長選が有るとのことです。市長選となれば我が新町地区の今後の街づくりのビジョンについて各候補者がどんな政策を掲げているのか気になりますね。昨年末のnext30の講演会では多くの参加者の皆さんが賛同されたビジョンが幾つかあります。私は幾つかのビジョンや市政に反映していただきたい事を改めて掲げてみます。

  1. 浦安市の都市政策に関する情報公開を進めることです。情報を知らされないままに進められる行政には地方自治や民主主義は存在しないとおもわれます。市民の知る権利をとざしてはなりません。開かれた住民参加の仕組みを作り上げることです。
  2. 新町地区を囲む水際線をほったらかしにしないで未来のこの街のポテンシャルを底上げするために日の出、明海地区の水際を砂浜に再整備することです。.next30では海岸創造として実現に向けて多くの住民の声を頂いているところです。このテーマについてはこれ
    からもpjにて会合を重ねていく予定です。
  3. シンボルロードの突き当たりには目下ホテルの建設がすすめられていまがこのゾーンは海辺のコアと称し予てよりここに船着場となる桟橋の設置を提言してきました。東京湾クルーズや都市防災に役立てられるような海への出入り口としてのピア(桟橋)です。海外ではこうしたゾーンのことをkeyとよんでいます。keyは鍵穴に出し入れするからでしょう。船の出入りが頻繁に行なわれるようなゾーに
    なれば夜間も賑わうコアゾーンが期待できます。シンボルロードが寂しいのは行き止まりだからだと思います。

まだまだテーマはつきませんがこれらはすべて次世代の子供たちがこの街に立派な成人として住み、働き、遊び、学んで頂きたいための先行投資です。従ってこれらは次期市長に向けたメッセイジであり各候補者の考えをご披露いただきたいものです。ナビやnext30のサポーターの皆様の感想をお寄せください。