第7回 運動会のこと、考えてみませんか?

2017年5月1日公開

先日、小学校の教員をしている友人のFacebookへの投稿「Utubeで花笠音頭見まくってる」に目が止まりました。

「表現」と呼ばれる運動会の出し物には組体操やダンスなどがあり、友人はダンスの花笠音頭の音源をどれにしようかで悩んでいる様子。
花笠音頭と言っても色々あるそうな…
男踊り、女踊り、ロック調のものも。友人は都はるみの唄にしようかと思案中。

休みの日に一日中、繰り返し、色んな花笠音頭を聴いていたという話に、FB友達の話題は教師の忙しさへと移り…運動会の準備で教師はヘトヘト…。(子どもたちも練習でヘトヘト)
これも「サビ残」(サービス残業)では?と。今や教師の仕事はブラック❗️と言われているそうです。

思い出したのは、子どもたちが通ったロンドンの公立小学校の運動会。もう20年以上も前のことですが…
SportsDayというのがあって、学校近くの大きな公園のグラウンドに集合。自分の出たい種目にエントリー。その競技の呼び出しがあるとワ〜〜!と集まって競技が始まる。
もう大人も子どもも入り乱れて、大騒ぎして一日楽しみます。
準備なし!練習なし!一日で終わる!こんな運動会もあります。

ダンスはしないの?
運動会とは別に、創作ダンスの発表会がありました。いくつかの学校と合同で、親も子も一緒に楽しみます。子どもたちは、別の学校の子どもたちの創作ダンスを見ることができます。

あと、ウルフラン(Wolf Run)も!
子どもの学校はロンドン動物園の狼をサポートすることに決め、狼のため、寄付金集めのために走ります。
本番前に近所を回って、「グラウンド1周につき5ペンス」(1周走ったら10円)ということで契約。「1周10ペンス」の人もいます。10周走ったら100円だったり、200円だったり。ものすご〜く頑張りました。
走った後で、サインを貰ったリストを持って、お金を集めにもう一度ご近所回り。こうして地域の人と会話し、交流する機会にもなります。

今の運動会、先生も子どもも大変。子どもの頑張る姿を見て、思わず目頭が熱くなる私たち親の期待も背に受けて、先生方は大忙しです。

徒競走あり、ダンスあり、大玉転がしあり…etc. 盛り沢山の運動会!今年は少し考えてみませんか?


こんな記事を見つけました。ご覧ください。
余録 - 毎日新聞
(2017年4月30日 03:53). 「頭に法律規定を… 「頭に法律規定を戴(いただ)き、官吏(かんり)や郡村吏員に干渉左右せられ、 ...