第2回 今、オランダに夢中♪ (自己紹介の続きです)

2017年1月23日公開

数年前にイエナプランという教育理念に出会ってから、オランダが
気になる国ベスト1になりました。

イエナプラン教育を考えたのはドイツのペーター・ペーターゼンさん、
それを見つけて広めたのがオランダのスース・フロイデンタールさん。
何故オランダで?と不思議に思われるかと・・・私もそうでした。
それはオランダには「教育の自由」があるからなんです。(憲法23条)
日本にはないの?・・・う〜〜ん、オランダのことを知ってしまうと
日本には「教育の自由はない」と言わざるを得ない!残念ですが。

「理念の自由、設立の自由、方法の自由」・・・三拍子揃っています。
親が200人集まって設立の要望を出すと学校をつくって貰える。
信じられな〜〜い!公立は勿論私立も学費無料・・・羨ましい。

ただ(無料)だから喜んでるわけじゃないですよ。
オランダはユニセフの子どもの幸福度調査で世界一!!
「学校が好き」と答える子どもがたくさんいます。
そんなところからイエナプラン→オランダに興味を持った私。

3年前にオランダに行ってきました。イエナスクールも見てきましたよ。
これまでイギリスやアメリカで我が家の子ども達が通った学校と
雰囲氣はよく似ていましたが、大きく違うのは異年齢学級というところ。
4歳〜6歳のクラスなんて可愛くて・・・
でも、ゆったりと学びと遊びと対話の時間が過ぎていきます。
一番印象的だったのは、下級生から上級生までどのクラスも静かだったこと。
先生もです。手を叩いて集中させたり、大きな声を出したりしません。
ちょっと手を上げて合図をするだけで、子ども達は先生の周りに輪になって
座ります。(チャイムはありません)
写真をご覧ください。

IMG_1387.jpg

おやつの時間が終わってサークル対話が始まるところです。
まだバナナを食べてる小さな子どもも、急かされることはありません。
先生もゆったりしています。外遊びの時間、子どもたちが遊んでいる校庭で、先生はコーヒーカップを手に、子どもを見守っています。
ひと言で言うと、穏やかな空気でしょうか・・・あ〜こんなところで子どもが
育ったら〜幸せだろうなと、しみじみ思ったのでした。

今はこんな学校を日本でつくりたい♪と友人たちと勉強会や交流会を続けています。来年1月27日(金)にはオランダ在住のリヒテルズ直子さんと9月にアメリカから帰国した鈴木大裕さんを招いて『対談』を企画しました。
どうぞのぞいてみてください。お申し込みは、コクチーズでお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/441233/