第1回「ごめんね」と言われたら「いいよ」と言わなくてはいけない?

2017年1月9日公開

幼稚園や小学校で、よく目にする光景です。
あと「貸して」と言われたら「いいよ」と答える。
山の木霊のように、あちこちで繰り返されています。
でも、ちょっと待って!もしかしたら貴重な学びのチャンスを
逃しているかもしれません。

先日、五十川勝さんの講演会後の懇親会で子育て中の市議さんと
いじめについて話す機会がありました。
『みんなの学校』のモデル、大空小学校の木村元校長の話が話題に。
「子どもが2人いれば、力関係が生まれる。いじわるな言葉や手が出る。
その時、そばにいる大人(教師)の役割が大事。
「なんでそんなこと言うたん?」「なんでたたいたん?」と子どもに尋ねることで、子ども自身が感じたり、考えたりする。
「納得することに学びがある」木村さんの言葉です。

「いじめはダメ!というだけじゃダメだと思う」と言うと「いじめ容認派」と見られる。言葉足らずで大事な友人をなくしたことも。子どもと子ども、子どもと大人、大人と大人も、対話すること。「よく聴き、思いを伝える」とても難しいけれど、ここから始まると感じています。

そうそう、一行目の会話「ごめんね」「いいよ」ですが、
『学びの場をつくりたい人のためのカフェ』での保育士さんの言葉から
「それって、会社やお役所で、始末書を出させる感覚ね」
「それじゃ、大事なところは育たないよね」と話し合いが続きました。
それにつけても、先生は忙しい!!
そこんところ、なんとかならないのか、大人の知恵を出し合いたいですね。


1月27日(金)17:00~WAVE101にて、対談 リヒテルズ直子×鈴木大裕!……聞き手は平川理恵「今、求められる公教育とは!」 が開催されます。>>詳しくはこちら


Should I respond "That's OK" when friends say "I'm sorry"?

For us parents or teachers, it happens all the time.

There is also the typical situation.  Some kids ask friends "Can I borrow it?"
and then they just say "Sure".
We can see it here and there at primary and elementary school every day.
Wait!!  We need to think about it.  Kids might miss the chance to develop because of the experiences.

I joined the lecture by Mr. Isokawa Masaru.  After that, I discussed about "school bullying" with a city council member.  She has been raising kids.
We talked about the former principal of Ohzora elementary school who is famous about "Minnano gakko"(moves)

It comes about power relationship as a natural result when two kids are there. They say a cross word and also panch each other.
I think that it's important for adults (teachers or parents) around them to solve the problems.

" Why did you say that?"  "Why did you hit your friend?"  Kids can notice their own emotions, and be willing to think about the problems.  "Revealing the fact and understanding the reasons are real learning."  Mrs. Suzuki said.

If I say that it is not effective just to say "Stop school bulling", most of people think me of "Accepting school bullying"
Sometimes people take the words different meanings.  And then we lost a friend of mine because of the way to say.

It is significant to exchange our thoughts between kids and kids, kids and adults, or adults and adults.

I think that "listening carefully and expressing feelings" is not easy, but it is the first step to know and understand each other.
(translated by Rachel)